体の免疫力を高めて、日々の健康を保つには

免疫力を高めて癌や生活習慣病から体を守る

アガリクスとは和名でヒメマツタケと呼ばれるハラタケ属のきのこです。見た目はマツタケとよく似ていて、ブラジルでは昔から健康、長寿食として珍重されていました。ブラジルではアガリクスを日常的に口にしている地方の人々の寿命が他の地方の人と比べて長いため神のきのことも呼ばれています。そのアガリクスの健康効果に世界中の科学者が目をつけ、アメリカやヨーロッパ、日本でも効能や活用法に対する研究が進んでいます。
現在日本ではアガリクスのサプリが手軽に入手できるようになり、一般家庭でも十分に摂取や継続をすることが可能になりました。アガリスクのサプリは免疫力を高めて毎日を健康に、そして病気の予防のために性別を問わず幅広い年齢層の人に支持されています。
アガリクスの効能としてあげられるのがナチュラルキラー細胞の活性化です。人体に菌やウィルスなどの異物が入ると攻撃し、体外へ排出させようとするのがナチュラルキラー細胞で、ナチュラルキラー細胞を活性化させることは免疫力を高めることになります。免疫力が高ければ菌やウィルスにも負けない丈夫な体を維持することができます。
癌は体内で発生する病変ですが、ナチュラルキラー細胞は癌細胞を異物として認識するので癌細胞を攻撃します。このためアガリクスは癌の予防や治療に効果があるといわれています。マウスを用いた実験でもアガリクスを投与したマウスの癌細胞が他のマウスの癌細胞と比べて小さくなったことが検証され、医療機関などでも研究が進められています。
アガリクスはアレルギーの緩和や糖尿病の予防にも効果が期待できます。アガリクスには過剰なヒスタミンの分泌を抑える働きがあることが発見され、花粉症などのアレルギーの発生を抑制する可能性があるといえます。また、アガリクスにはインスリンを分泌させる働きがあることも解っています。このためインスリン値が下がったり、インスリンを感知しにくくなる2型糖尿病の予防や治療への活用が研究されています。

様々な健康効果が期待できるキノコの1種アガリクス

きのこの1種であるアガリクス。生アガリクスの学名はアガリクス・ブラゼイ・ムリルと呼ばれ、その和名はヒメマツタケと言います。世界における研究によって、アガリクスに含まれる成分が様々な面で健康にプラスに働くということがわかり、現在では抽出エキスや粉末などが多くのサプリにも配合されて販売されています。
まずアガリクスに含まれる主要な成分を見てみると、ビタミンB₂やビタミンD、マグネシウムやカリウムなどを豊富に含んでいます。その中で一番カギとなるのが、主要成分であるβ-グルカン。アガリクスはこの重要な働きを担うβ-グルカンを6種類も含んでいることから、注目の健康食材となっているのです。
では、アガリクスを摂取することによって具体的にどのような効果が期待できるのでしようか。
まずは、ガンを抑制するという効果。マウスへの投与の実験結果から、がん細胞の増殖を抑制したり、抗がん剤の治療効果を向上させたりという効果かあると言われています。
次に免疫力を高める効果。アガリクスの中には、体内に侵入した異物に対して攻撃するクロファージという細胞の働きを高める成分が含まれており、抵抗力を強くするだけでなく、自ら既に持っている免疫力をより高めてくれる働きもあるとされています。
そして生活習慣病予防効果。豊富な食物繊維を含んでいるので、特に生活習慣病の一因となるコレステロール値を下げる効果があると言われています。悪玉コレステロールを減らしてくれるので、肥満の予防へもつながります。また糖尿病を予防する効果もあるとされています。
このように健康に嬉しい効果が多いアガリクス。日常の食生活に取り入れるためには、その原液が販売されているものや粉末になっているもの、また顆粒だったり飲みやすいサプリメントに配合されている者もあります。その効果を得るためには、規則正しい健康的な生活を意識しつつ、自分に合った摂取方法で長く続けることが大切です。

PR:生命保険の口コミ.COM/貯蓄/SEOアクセスアップ相互リンク集/JALカード/女性向けエステ.com/英語上達の秘訣/英語上達の秘訣/住宅リフォーム総合情報/お家の見直ししま専科/健康マニアによる無病ライフ