アガリクスの成分はどんなものが含まれているの?

食べ物の中でも、特に食べたいものとしてきのこがあります。きのこは、私たちが健康な生活をするためには欠かすことができない食材と言われています。そして特にそのきのこの中でも注目をされているのは、アガリクスです。アガリクスは、かわりはらたけと言うきのこの一種です。

そのきのこに一種のアガリクスは、何故こんなに注目をされているのでしょうか。それはなんといっても、その成分がすごいということがあります。きのこは食物繊維が多く含まれていることは、よく知られていますね。それに加えてアガリクスの場合は、ビタミンが豊富です。ビタミンBやD、マグネシウム、カリウムなどが含まれています。

マグネシウムは、便秘に効果のある成分といわれていますね。そのため、マグネシウムを薬品として販売しています。またカリウムは、体のむくみを撮ることができます。そのことから、ダイエットにも効果を期待することが出来るのです。また、アガリクスは免疫力の向上にも効果があるようです。

ところがこのアガリクスは、どこでもあると言うことではありません。限られた地方にしかないので、その点ではとても重宝されるきのこなのです。

特にすごいと言われている成分の中には、βグルカンと言う成分があります。これは、アガリクス特有の成分として有名です。βグルカンは、アガリクスが一番多く含んでいるのです。なんと6種類ものβグルカンを含んでいることから、とても注目をされるようになりました。

βグルカンは、免疫をアップさせる力があると言われています。そのため、ウィルスから体を守ったり、風邪を引きにくい体つくりをすることができるという事ですね。また最大の特徴として、抗ガン作用があると言われているのです。そのように言われているので、アガリクスががん患者さんに飲まれていたりするのはそのためです。

また、コレステロールの値を下げる働きもあると言われています。そのことから生活習慣病の人にも効果がある、とても良い食材ということが言えますね。