独立して不動産業を営んでいます。独立する前に専門家に相談しました

現在は不動産業者として、独立して不動産業を営んでいます。

もともとは賃貸アパートを仲介する、不動産会社で働いていました。
どんなに成績を上げても、給料の上昇は限られていたため独立して、個人で不動産業を営もうと思いました。

不動産業で独立するためのポイントやアドバイスを専門家に相談しました。

賃貸の仲介よりも、土地などを仲介する方がメリットが大きいことを教わりました。
不動産業者の報酬は、売買が成立した際に受け取れる仲介手数料と言われているものです。相場は売買価格の3% + 60,000円です。

そうなると売買価格が高い土地を仲介することが、報酬を上げる上では1番のポイントになります。

また土地の金額は地域により異なるため、市場の相場の高いエリアで不動産業を行うと必然的に報酬が高くなります。(その分、競争率も上がりますが)

個人でいきなり不動産業を開業するよりも一旦、大手の仲介不動産業者に就職して、ノウハウや人脈を作ることが良いと教えてもらいました。

その方が、会社設立をした後も銀行からの、資金調達も楽になると言うこともアドバイスを受けました。

また、土地の仲介を任せてもらうには地主さんとのつながりがとても大事です。
大手の不動産業者の名前があることによって、一般の地主さんは安心してもらえます。

そのつながりを多く持つことにより、コンサルタントの力で独立開業した後、良い地主さんや土地と縁ができ、売りやすい土地を仲介することができます。