ヒメマツタケに秘められた効果について、免疫を活性化させるのか?

ヒメマツタケに秘められた力は現在、キノコの中でもっとも免疫を高める効果があるきのこであるという研究結果が30年以上も前から研究の結果、解明されています。

ヒメマツタケの主な効果ですが、免疫細胞であるマクロファージを活性化させることが分かっており、現在では、癌治療薬として研究されており、癌を殺す作用はありませんが癌を見つけ破壊する細胞を活性化させる研究が進められており実績を上げています。

免疫細胞を活性化させ自ら癌を攻撃して破壊しますので理論上は副作用がない抗がん剤ともいえます。現在は抗がん剤に混ぜ合わせることで、抗がん剤の作用を安定させ癌細胞を破壊する研究としてヒメマツタケを研究している最中ですのでヒメマツタケのマクロファージなどの免疫細胞を活性化させる方式が分かればありとあらゆる病気の対抗薬として使用できるのではないかと期待されています。

なお、血液の癌と呼ばれる白血病に関しても著しくはありませんが成果として、マウスにヒメマツタケの多糖体を投与した所延命率が25パーセントに上昇したという研究結果もあります。

このように人の免疫細胞を活性化させる効果があると研究で結果づけられたためヒメマツタケには細胞を活性化させる効果があり、美容製品に使用した際にも細胞を若返らせる効果が期待できるのではないかと期待されている植物です。ただし、美容製品についてはまだ実験などはあまり行われておらず、症例も少ないため、ヒメマツタケに秘められている効果については未知数です。