障害児施設で子供たちの健康を守るためにオゾン発生器を通販で購入

障害児施設では、ウイルスによる感染症に対して十分な手洗いやマスクの装着などで予防策をとることが困難です。なぜなら、知的障害の重たい子供や自閉症などで行動障害、感覚過敏がある子供に感染症の恐ろしさや予防の大切さを伝えても理解できないことが多いからです。

やりたくないことを強要されて、パニックを起こす子もいます。ですが、子供たちの健康は守らなくてはいけません。そこで、職員が注目したのがオゾン発生器です。低濃度のオゾンが殺菌に効果的と聞いて購入を検討しました。

そこで、問題となったのが費用の面です。決して通販で購入するオゾン発生器は安い品物ではありません。営利目的でない障害児施設にとって購入には大きな決断が必要です。そこで、導入することのメリットを保護者会などで募り、募金を集めました。この作戦はうまくいき、見事に目標金額を集めることができました。

実際に導入してみると、思ったよりもお手入れも簡単です。基本的にはスイッチをいれるだけで、感染症の予防ができるため、障害児も安心して過ごすことができます。手洗いやマスクなどはもちろん継続して行っていますが、安心感があるため職員も余裕をもって子供に接することができます。そのためか、子供たちもイライラしたりパニックになったりすることが格段に減りました。今のところ、出席停止になるような感染症の罹患者もいません。これからも、様々な感染症が報告されるかもしれませんが、このような機器を積極的に導入することで乗り切っていきたいと思います。