自己破産は弁護士に相談して手続きをしてもらうようにしましょう

お金を借りていて返済できなくなった場合は、やはり債務整理をするのがお勧めです。もちろん場合によっては、過払い金を請求できることもあります。しかし過払い金以外には、任意整理または自己破産などの方法を採ることになります。

任意整理はまず債務額を圧縮し、決められた範囲内で返済して行く方法で、定収入のある人や、車などを売却して返済に充てられる人に向いています。しかし定収入がないとかあっても少額である、売却して返済に充てる物がない人の場合は、自己破産という方法を採ることになります。その場合は、弁護士に依頼して手続きをしてもらうのがいいでしょう。

弁護士事務所での相談は有料であることが多いのですが、中には無料で相談できることもあります。また法テラスで話を聞いてもらうという方法もあり、この時も無料です。無論この方法にはデメリットもあり、職業によってはしばらくの間停職となりますし、官報に氏名が記載されます。ただ、官報の破産者をチェックする人はきわめて限られています。それから5年間はお金を借りること、クレジットカードを新しく作ること、そしてローンを組むことができません。また銀行との取引は10年間できませんので、このような点をよく把握したうえで、弁護士に相談するようにしましょう。

個人の場合は裁判所で申し立てを行うと、ほぼ同時に免責が下ります。免責が下りた時点で借金がなくなりますので、返済義務もなくなり、借金から解放されることになります。